So-net無料ブログ作成

麻生花児 取手研究会12月例会: Kaji Aso Toride Study Group December Meeting [Report]

「麻生花児」 取手研究会12月例会: "Kaji Aso" Toride Study Group December Meeting

日時: 2018年12月18日(火)13~15時; Dec 18 (T)1~3pm
場所: 茨城県取手市小文間公民館; Omonma Community Center, Toride

取手が生んだ世界的な万能アーティスト「麻生花児」を地元で研究する会が、月例会を12月18日に8名の参加で開催された
2018年の春から本格的な活動が始まったこの「麻生花児」取手研究会は、年末を迎えてこれまで収集した情報や資料について取り扱いや今後の活動の方針などについて話し合いを行った

要点は以下の通り:
1)研究会の方向性として、麻生花児の画家としての側面だけでなくあらゆる面に精通する芸術家、学者、文化人、声楽家、冒険家、運動選手など「人間麻生花児」の全体像を研究する方針を確認。
2)地元にしかない麻生花児の資料や作品を発信・展示する方法を検討する。
3)展示の可能性としては取手駅ビルで整備中で間もなくオープンするパブリックスペースの利用など色々な可能性を探っていく。
4)発信方法としてブログやSNSの活用の可能性が指摘された。
5)資料や作品については著作権や個人情報などについて注意深い取り扱いが必要なことが再確認された。
6)その他、麻生花児の幼少期や青年期の生い立ちやエピソードなど万能な人間づくりに貢献した背景を探るのも地元の研究会の重要な役割であることも確認された。
(写真)
取手市小文間公民館での研究会の様子と終了後公民館前で
181218ToriA25.jpg181218TorB45.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。