So-net無料ブログ作成

Concerts of Music for Children at LMU; 子供のための音楽会@LMU [Report]

Concerts of Music for Children at Loyola Marymount University in LA
子供のための音楽会@ロサンゼルスのロヨラ・メリーモント大学

Date/Time: Jan. 29(Sun), 1 & 3pm; 日時:2017年1月29日(日)午後1時と3時
Venue: Murphy Recital Hall, LMU; マーフィーリサイタルホール@LMU

A wonderful concert event for families with children, held at Loyola Marymount University, blending music, pictures, stage plays, and other activities for all kinds of audience to enjoy together. Especially highlighted was internationally acclaimed violinist Ken Aiso's performance with children's pictures shown on the screen.
Strong coordination and cooperation among good artists in various genres producing truly artistic performances of highest quality, yet very enjoyable for children, and even audibly or visually challenged individuals!
音楽、絵画、舞台演技などが総合された誰でも一緒に楽しめる家族のための素晴らしいコンサートイベントがロスのロヨラ・メリーモント大学で開催。なかでもハイライトは、国際的に活躍するヴァイオリニスト相曽賢一朗の演奏と子供たちの絵をスクリーンに投影したパフォーマンス。
色々なジャンルのアーティストたちが協力し、うまくコーディネートされた結果、質の高い芸術にもかかわらず、子供にもまた視覚や聴覚に障碍(障害)のある人たちも楽しめるパフォーマンスのイベント!
LMU Campus View (Recital Hall to the left); LMUキャンパス(一番左がリサイタルホール)
170129LMUa.jpg170129LMUb.jpg
Children's Drawings Outside & Families Inside; 子供たちの絵の展示と会場内の家族の姿
170129LMUc.jpg170129LMUd.jpg
LMU Percussion Ensembre; LA Contemporary Dance Co. & Meraki String Quartet
LMUパーカッションアンサンブル、LAコンテンポラリーダンスカンパニーとメラキ弦楽四重奏団
170129LMUe.jpg170129LMUf.jpg
Elementary School Students' Drawings for Stories Read by Narrators and Music Performed by Ken Aiso (violin) & Valeria Morgovskaya (piano)
小学生の絵とストーリーの朗読および相曽賢一朗(v)とバレリア・モルゴフスカヤ(p)の演奏
170129LMUg.jpg170129LMUh.jpg
170129LMUj.jpg170129LMUk.jpg
Animation with Music by Meraki String Quartet: アニメとメラキ弦楽四重奏団の演奏
170129LMUl.jpg170129LMUm.jpg
Comedy Plays of Mozart and St. Saens Music: モーツァルトとサンサーンスの喜劇
170129LMUn.jpg170129LMUo.jpg
Ending with Happy Feelings among Audience: 楽しんだ参加者と出口の絵の展示
170129LMUp.jpg170129LMUq.jpg
(Report & Photos: Takahiro Miyao; レポートと写真:宮尾尊弘)
References: 参考
Ken Aiso Violinist: ヴァイオリニスト相曽賢一朗
http://www.kenaiso.net/
LMU's 16th Annual Children's Concerts: LMU第16回子供の音楽会
http://cal.lmu.edu/event/16th_annual_childrens_concert#.WI9ZkFXhAY0
LMU Dept of Music: LMU音楽学部
http://cfa.lmu.edu/programs/music/
-------------------------------------------------------------------------------------------


Visiting Kaji Aso Studio in Boston: ボストンの麻生花児スタジオ訪問 [Report]

Visiting Kaji Aso Studio (Jan. 21-23, 2017): 麻生花児スタジオ訪問(1/20~ 23)
-------------------------------------------------------------------------------------------
(Report: See below the photo album ; レポート:写真集の下に掲載)
Day 1: 1日目
January 21, 2017: 1月21日(土)
Views from Symphony Station in Boston: シンフォニー駅から望む風景
170123Bos1.jpg170123Bos2.jpg
Winter Festival at Kaji Aso Studio: 麻生花児スタジオでの冬のフェスティバル
170124Bos05.jpg170124Bos06.jpg
170124Bos07.jpg170124Bos08.jpg
Watercolor painting class in the morning: 午前中の水彩画のクラス
170124Bos09.jpg170124Bos10.jpg
170124Bos11.jpg170124Bos12.jpg
Ceramics class in the afternoon: 午後の陶芸のクラス
170124Bos15.jpg170124Bos16.jpg
Monthly Boston Haiku Society meeting: ボストン俳句協会の月例会
170124Bos13.jpg170124Bos14.jpg
Winter Festival Poetry Reading & Music Event: フェスティバルでの詩朗読・音楽のイベント
170124Bos17.jpg170124Bos18.jpg
170124Bos19.jpg170124Bos20Miyao5.jpg
See the report below for the brief speech and video presentation by Takahiro Miyao (right); 宮尾尊弘(右)のスピーチとビデオのプレゼンについては下のレポート参照
------------------------------------------------------------------------------------------
Day 2: 2日目
January 22, 2017: 1月22日(日)
A day off to explore the city: 休日のボストン探索
(No snow seen anywhere!: 雪が見当たらない暖かい気候)
American sculpture, culture and history: アメリカの彫刻、文化と歴史
170124Bos01.jpg170124Bos32.jpg
170124Bos33.jpg170124Bos34.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------
Day 3: 3日目
January 23, 2017: 1月23日(月)
Revisiting Kaji Aso Studio: 麻生花児スタジオ再訪
170124Bos21.jpg170124Bos22.jpg
Watercolor painting class-individual projects: 水彩画クラス・個人プロジェクト
170124Bos23.jpg170124Bos24.jpg
170124Bos25.jpg170124Bos26.jpg
Poetry class with common theme "Change": 作詩クラス・共通テーマ「変化」
170124Bos27.jpg170124Bos28.jpg
In "Symphony" Station on the way home: 帰途のシンフォニー駅にて
170124Bos30.jpg170124Bos29.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------
Report:
On an unseasonably warm day of January in Boston, I visited Kaji Aso Studio Institute for Art for the second time in a year, flying in all the way from Los Angeles, where I normally stay. This time the annual Winter Festival for all the Studio members with a common theme "Seagull" attracted me so much that I decided to join with my original picture-music-video work for Mr. Aso's poems about seagulls.
Before the Festival reception to take place in the evening, I sat in two regular classes, watercolor painting and ceramics, taught by first-rate artist teachers, who told me how much they were influenced by Mr. Aso's artistic approach and spirit. In fact, I could see and feel his influence on everyone and everywhere in the Studio even today, more than ten years after his untimely death in 2006.
Also in that afternoon I attended the monthly Boston Haiku Society meeting upstairs at the Studio, which has been the home of the Haiku Society for the last 25 years or so, and again I was impressed by Mr. Aso's poetic sense still very much alive in everyone's mind.
At the beginning of the Winter Festival event, poetry reading and music, in the evening, I was so happy to present my video "Seagull" on the screen to all the participants, even though it is an amateur work, while explaining about the purpose of my approach as follows:
"I think poetry reading is probably one of the simplest but most versatile and inclusive forms of art, because those who can see could enjoy reading the poems written down, whereas those who can hear could enjoy hearing the poems read by others. What I am doing is to make it even more enjoyable and inclusive by drawing pictures about the story of the poem for those who can see, and by composing music for the poem to be sung for those who can hear. I believe this kind of "combined" or "integrated" art across different genres is very much in the spirit of Mr. Aso, who was not only a good poet, but also a professional painter and an excellent singer. I hope you, artists in various genres, can cooperate to produce this kind of socially inclusive art at this Studio."
"Seagull" (English poem: Kaji Aso, pictures, music & Japanese words: Takahiro Miyao)
https://youtu.be/SZ463SnGfWA
In that evening, I also enjoyed beautiful poetry reading, singing and piano performance, together with other participants in the event.
Two days later I was back at the Studio to attend two more classes, painting and poetry, where students' initiative and creativity seemed to be valued and encouraged.
During the class activities, much of the conversation among the teacher and students was about Mr. Aso's views, ideas, attitude and behavior, that they said they still vividly remembered.
After participating in various events and activities at the Studio, I strongly feel that Mr. Kaji Aso should be more widely known and appreciated, especially in Japan, where he was also active as an artist and college teacher, as in the U.S.
Finally I wish to express my gratitude to all the Studio members for their hospitality extended to me so generously.
(Takahiro Miyao)
-----------------------------------------------------------------------------------------
レポート:
ボストンの1月としては季節外れの暖かな日に、ロスからボストンのアートスクール「麻生花児スタジオ」(Kaji Aso Studio)を訪ね、毎年冬に行われるフェスティバルに参加した。今年の共通テーマは「カモメ」とのことで、私も麻生氏のカモメの詩に絵と曲を付けたビデオを作成して初日に臨んだ。
夕方に予定されているフェスティバル開催前に、水彩画と陶芸のクラスをのぞいてみたが、優秀なプロの先生が教えていて、その先生方が生前の麻生氏にいかに影響されたかを強調したのが印象的であった。実際に、10年以上も前に亡くなった麻生氏が、依然としてこのスタジオのすべての人やモノに影響を与え続けていることが強く感じられた。
さらにその午後には、スタジオの2階でボストン俳句協会の月例会が開催されたが、もう25年以上もこのスタジオで月例会が催されており、その会でも麻生氏の詩的なセンスが一人一人の参加者の俳句に見て取れるようであった。
冬のフェスティバルでの「詩の朗読と音楽」のイベントの冒頭では、私が「カモメ」のビデオを参加者全員に見せることができ、さらに以下のように、私のようなアマチュアがこのような作品を作った意図を説明することができた。
「詩の朗読はもっとも単純にして多くの人に訴えることができる芸術の形で、その理由は視覚のある人は書かれた詩が読める一方で、聴力のある人は朗読された詩を聴いて楽しむことができるからである。私の作品の目的は、それがより楽しくなるように絵と音楽を付けて、見える人は絵本として、また聴こえる人は歌として誰もが一緒に楽しめるアートを提供することである。このように分野を超えた「統合」ないし「総合」芸術のアプローチは、詩にも絵画にも歌にも秀でていた麻生氏の精神に合致したものではないだろうか。ぜひこのスタジオのアーティストの皆さんも分野を超えて協力して、このような社会的に誰もが参加し楽しめるような作品を作っていただきたい」
「カモメ」"Seagull" (英詩:麻生花児、絵・曲・日本語訳・歌:宮尾尊弘)
https://youtu.be/SZ463SnGfWA
さらにこのフェスティバルのイベントでは、詩の朗読、歌、ピアノ演奏など多くのパフォーマンスがあり、他の参加者と一緒に心行くまで楽しむことができた。
その2日後の週明けにはスタジオを再び訪れて、さらに水彩画と作詩のクラスに参加したが、そこでは徹底的に参加者個人の自発性と創造力が強調され、評価されるような教育が行われていた。
クラスでの活動の間、先生も生徒たちも折に触れて麻生氏の見方やアイデアや態度や行動を話題にしていて、誰もが麻生氏をいまだによく憶えていることが明らかであった。
数日間このスタジオでの色々なイベントや活動に参加して強く感じたのは、アメリカ側だけでなく日本側でもアーティストや教師として活動した麻生花児氏がもっと両国、特に日本でより広く知られて評価されるべきではないかということであった。
最後に、今回の私の訪問を歓迎していただき、色々とお世話いただいた麻生花児スタジオの皆様に心よりj感謝の意を表すものである。
(宮尾尊弘)
----------------------------------------------------------------------------------------
References:参考:
English:
Kaji Aso Studio: http://www.kajiasostudio.com/
Kaji Aso Studio, Facebook: https://www.facebook.com/kajiasostudio/
Japanese:
Kaji Aso 「麻生花児悠久の会」:http://kajiaso.net/
Takahiro Miyao's videos: 宮尾尊弘のビデオ作品:
"Seagull" (English poem: Kaji Aso, pictures, music & Japanese words: T. Miyao)
https://youtu.be/SZ463SnGfWA
"Gusty March Wind" (poem: Kate Finnegan, music/pictures: T. Miyao)
https://youtu.be/OI6vNTTbUg8
"Four Seasons" (poems: Kaji Aso, music/pictures: T. Miyao)
https://youtu.be/sl6IBPEamJc
"The Story of Paris Who Became a Beautiful Butterfly" (poems: Kaji Aso, music: T. Miyao)
https://youtu.be/OG7IZuSHba0
-----------------------------------------------------------------------------------------

ハートストック研究会・新年会(2017年)写真集 [写真]

ハートストック研究会・新年会(2017年)写真集

日時:2017年1月11日(火)18:30~20:45
場所:東京都港区 綱町三井倶楽部別館

幹事・司会の開会宣言と挨拶、および世話役の開会の辞と乾杯の様子
170111HSa8.jpg170111HSb.jpg
170111HSc.jpg170111HSdTaguchi.jpg
参加者の歓談の様子
170111HSi.jpg170111HSl.jpg
170111HSh.jpg170111HSg.jpg
170111HSn.jpg170111HSf.jpg
170111HSm.jpg170111HSj.jpg
参加者のプレゼンおよび新旧役員への感謝式
170111HSo.jpg170111HSp.jpg
170111HSq.jpg170111HSs.jpg
170111HSu.jpg170111HSw.jpg
閉会の辞と一本締め
170111HSx.jpg170111HSz.jpg
170111HSy.jpg170111HSzz.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------
これまでの新年会の写真集:
2016年の新年会:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/2016-01-19
2015年の新年会:
http://hstock.blog90.fc2.com/blog-entry-112.html
2014年の新年会:
http://hstock.blog90.fc2.com/blog-entry-104.html
2013年の新年会:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/2013-01-22
2012年の新年会:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/archive/201201-1
2011年の新年会:
http://glocom.blog.so-net.ne.jp/archive/201101-1
2010年の新年会:
http://hstock.blog90.fc2.com/blog-entry-56.html
2009年の新年会:
http://hstock.blog90.fc2.com/blog-entry-50.html
-----------------------------------------------------------

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。